« ホーミーはα波を誘う??? | トップページ | 最近、小耳にはさんだ ちょっと素敵な言葉(パート5) »

2009年7月 5日 (日)

心に響いた少女の言葉~奇跡を起こしたカンナちゃん

Ico_heart5
  「カンナの心と体が そうさせたんよ」

2歳の女の子カンナちゃんは、生まれつき食べたものが肺に入ってしまう喉の障害によって食べることも水を飲むこともできませんでした。このままでは、カンナちゃんの体が衰弱してしまう…。母・陽子さんは 生きてほしい! そして手術に踏み切るのです。ただ、そこには 悲し過ぎる究極の選択がありました。

命と引き換えに ようやく話せることがうれしくて仕方がないちょうどその時期に声帯を気道から切り離し喉に穴を開けて呼吸の道をつくり、声帯に続く気道を食道につなげて食べ物の道を確保したのです。食べ物の誤嚥はなくなり、呼吸もできるようになったのですが・・・カンナちゃんは、一生、声を失うことになるのです・・・・

 しかし、「奇跡」が起きたのです。ある日 突然、カンナちゃんは話し始めたのです。生理的、医学的には肺からの空気が、声帯を通り抜けることは無いわけですから、声が出るはずはないのに・・・・

この医学的にはあり得ない出来事に驚いた医師達が調べてみると、なんとカンナちゃんは、肺の代わりに食道から空気を集めて送ってっているではありませんか!!

現在 カンンちゃんは 元気に小学校に通っているそうです。

 「カンナの心と体が そうさせたんよ」

声が出るようになった奇跡 についての カンナちゃんの言葉です。   

Ico_heart みんなと 話がしたい!!!!! そう強く願うカンナちゃんの心が 想像を超えて肉体に大きく働いたのですね・・・・人間には素晴らしい潜在的な何かが確実に存在しているようですね。心に残るお話です。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
↑ランキングに参加中クリックよろしくお願いします!

|

« ホーミーはα波を誘う??? | トップページ | 最近、小耳にはさんだ ちょっと素敵な言葉(パート5) »

ソロンゴのお気に入り」カテゴリの記事

コメント


かんなは私の後輩で、
よく喋るんですけど
かんなの本もテレビも
見たコトがなくて病気のコトは
よくわからなかったんですけど
今わかりました!
ありがとうございます、
これからもかんなと
たくさん話します(笑)

投稿: あみにゃ | 2013年11月25日 (月) 23時55分

あみにゃさん コメントありがとうございます

もう4年余りも前の私の想いを そっくりそのまんま 縁あってお読みいただき深く受け止めていただいてコメントいただけるということ・・・改めてネット界の現実界とは異なる 心と心を結んでくれる不思議な広がりのある異次元な世界を感じています

投稿: ソロンゴ | 2013年11月26日 (火) 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホーミーはα波を誘う??? | トップページ | 最近、小耳にはさんだ ちょっと素敵な言葉(パート5) »