« 3年前の母娘心の旅・・・ | トップページ | アカマツの樹齢の重み・・・・ »

2011年10月 8日 (土)

直感  シンプル そして 美・・・

Cut_halloween01 米アップルの創業者で前最高経営責任者(CEO)のスティーブ・ジョブズ氏の死去のニュースが流れています。そして 各局で彼の素晴らしさを讃える人々のコメントが連日のように流れています。

それで、スティーブ・ジョブズ氏の生前の言葉に少しふれてみたいと思います。

方向を間違えたり、やりすぎたりしないようにするには、まず『本当は重要でもなんでもない』1000のことに『ノー』と言う必要がある。


「マックは膨大な数が売れると思うが、われわれはマックを誰かのために製造したのではない。自分たち自身のために作った。われわれ自身で、素晴らしいかどうか評価することになる。出かけて行って市場調査をしたわけではなく、作れる最善のものを作りたかった」

 「もしあなたが大工で美しいチェストを作っているとしたら、壁に面して誰も見ることがないからといって背面にベニヤ板を使ったりしないはずだ。自分には分かるんで、背面にも美しい板を使用するだろう。自分が安心して眠れるように、最後まで美学や質を追求する必要がある」(プレイボーイ誌、1985年2月1日)

 

「誰だって死にたくないものだ。天国に行きたいと思っている人でさえ、そのために死ぬのはいやだと思っている。しかしそれでも、死は誰にも共通した行き先だ。死を逃れたものは誰もいない。「死」は「生」が生んだ唯一無比の最良の発明と言える。古いものを一掃して、新しいものに道を譲る。今は新しいほうがあなただろうが、そう遠くない将来にあなたは徐々に古いほうになり、やがては消え去る。こんな言い方で申し訳ないが、全くの事実だ」

 「時間は限られている。誰か他の人の人生を生きることで時間を無駄遣いしないで欲しい。定説――多くの人々の思考の結果に基づいて生きること――にとらわれないように。他人の意見というノイズに自分の内なる声がかき消されないように。そして最も重要なことだが、自分自身の興味と直感に従う勇気を持って欲しい。それらにはあなたが本当になりたいものが既に分かっている。それ以外はすべてそれほど重要ではない」(スタンフォード大の卒業式の講演で、2005年6月


高校生の頃 私は 数学の証明問題を解くことに かなり惹かれたことがありました。そして 特に いかにシンプルに辿りつくかということに・・・

ある日、どんな問題だったかよくは憶えていないのですが その証明に通常はノート1ページはかかる問題がありました。今でも不思議に思えるのですが、その証明問題をじっと眺めていた私には、ある補助線が突然ひらめいたのです。そして その線によって たった3行の数式で たちまち照明できてしまったのです。

その時 数学の教師が発した最初の言葉がすごく印象的だったのです。

 「美しい!! 実に美しい!!ほれぼれするよなあー」

数学の証明・ひらめき・美しい??? 生まれて初めて この”美しい”ということの奥深さをちょっぴり感じ取った瞬間でした。

以前『博士の愛した数式」という映画を観たのですが その中でも、
eiπ + 1 = 0 オイラーの等式と呼ばれるものに対し、主人公の博士が 実に美しい・・・美しいと連発するのです。

、この等式は 全く起源の異なる重要な定数である円周率 π 自然対数の底 e が、極めて基本的な数、0(加法の単位元), 1(乗法の単位元) および虚数単位 i によって結びついているのです。数学的な名称が連発されて 難しいようですが、要するに 一見 全くバラバラで性質も役割も全く異なる無関係に見られていたものが実はいとも簡単な形で 見事なくらいシンプルに関連づけられている!!しかも それぞれがなくてはならない重要な役割を果たしつつ・・

わたしにとって 

  直感  シンプル そして 美 

は人生の 重要なキーワード のような気がします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ

ランキングに参加中 ぜひ応援クリックよろしくお願いします!!

|

« 3年前の母娘心の旅・・・ | トップページ | アカマツの樹齢の重み・・・・ »

ソロンゴ徒然なるままに」カテゴリの記事

コメント

振り返ると、ジョブズ氏は大切なことを言っていますね。
本当に真摯に、自分の思いを聴衆――同時代を生きる仲間――に届けたいという気持ちが感じられます。

残念ながら学生時代には数学の美しさがわかりませんでした。
今頃、少しずつ勉強しています。
本当に美しいと思います。

投稿: fullpot | 2011年10月 8日 (土) 08時28分

いつも コメントありがとうございます。

類は友を呼ぶ 

おかしな話ですが、私の参加しているNGO活動でも シンプルで美しい活動 なんて言葉が 何のためらいもなく行き交い 互いに心に受け止められているんですよ。思えば とても抽象的なセンスを共有していたのですね・・・

投稿: ソロンゴ | 2011年10月10日 (月) 07時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3年前の母娘心の旅・・・ | トップページ | アカマツの樹齢の重み・・・・ »