« マル君の世界・・・ | トップページ | 久しぶりの段飾り »

2013年2月 7日 (木)

痛快!!

どこかの深夜番組で まさに ”痛快” そのものに曹禺 余りにも痛快だったので・・・

競馬ファンの方々には 当然 既知のことかと思いますが

・すさまじいごぼう抜き

・おばちゃんが若造を打ち負かす

こんなことが一気に展開された ある競馬のレースです。

その馬の名は

    ブロードアピール 牝馬


そのデビューは 通常は2歳であるのが 4歳とかなりで遅れていたようです。

しかも彼女がこの伝説のレースを展開したのは 6歳のとき だそうです

鞍上にシルクロードステークスで騎乗した武幸四郎を起用してのレースは最後方からのスタートとなり、先頭が残り400メートルの標識を通過する直前まで最後方に位置していたが、そこから後に鬼脚と呼ばれる末脚を見せる。直線だけで7馬身以上離れ、更に残り200メートル標識通過時点で5馬身ほど離れた先頭を差し切り、逆に2着のエイシンサンルイスに1 1/4差をつけて重賞2勝目を飾った。

その後もダート短距離のレースを走り続け、8歳になった2002年の年明けにはガーネットステークスを勝利する。JRAで8歳牝馬が平地重賞を勝ったのはこの馬が初めてである(交流重賞では後に牝馬のメイショウバトラーが平地重賞マリーンカップを8歳、9歳時に連覇している)。そしてその年のドバイゴールデンシャヒーンにも参戦し、5着という戦績を残して引退した。(ウキペディアより)

おば(あ)ちゃんの私にとって 痛快で かなり勇気付けられました!!
まだまだ 頑張るぞお~(笑)
 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
ランキングに参加中 ぜひ応援クリックよろしくお願いします!!

|

« マル君の世界・・・ | トップページ | 久しぶりの段飾り »

ソロンゴのお気に入り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マル君の世界・・・ | トップページ | 久しぶりの段飾り »