« 3代目の朝顔の種まき・・・ | トップページ | 4代目の朝顔さん »

2014年6月 2日 (月)

夢枕???

Cut_ajisai_katatumuri3 先日 お気に入りの番組 ”サワコの朝”に ips細胞でノベール賞受賞の山中伸弥教授が出演していました。

彼のお話には いつも なにひとつ取り繕うことなく 独り占めの手柄を決して求めない 清清しい潔さと真の正直さを感じ 心が軽く どこか 気負うことなく 自分らしく頑張っていこう! って思るのです

中でも 印象深かったエピソードがありました

そもそも彼が 医学の道を進み始めることを 強くプッシュしてくれたのが お父様だったそうです。 立派な医者になって多くの人を助けてあげてくれたら嬉しい・・・そんな言葉を残し 病に倒れ 他界されたのだそうです

その後 整形外科医としての道を歩み始めたものの どこか自分にはあわない何かを感じながら 結局 お父様には後ろめたさを感じつつも  将来は 臨床医とは異なるが きっと より広く世界の人々の役に立つかもしれないと 自分に言い聞かせつつ 研究者の道を選んだのだそうです。

しかし 研究者の道は 予想以上に厳しく 日本においては研究費もすくなく 来る日も来る日も 実験のためのねずみの世話をしなくてならなかったり 思うような結果もです・・・ついに もうだめだと またまた研究者の道も逃げ出そうとしたのだそうです

たまたま見かけた 売地を購入すれば その返済のために安定した収入が得られる勤務医への道に戻らなければならないという言い訳で取り繕って ほぼ決めかけたその日 お母さまから 突然電話があって

「 昨晩 お父様が 夢枕にたって 伸弥が どうも 研究者の道を断念しかかっているから 何とかやめずに もう少しがんばるように伝えてくれ」
あまりに お父様の真剣さに お母様も気にかかって 電話をしてきたのだそうです。

そして 運悪くというか(よく) 購入しかけていた土地も タッチの差で 他へ売られてしまい、 結局 しばらくは研究者の道を進むしかなくなり、そうこうしているうちに 日本では珍しいくらい研究環境の整った素晴らしいところから お声がかかり そこから今日の ノーベル賞受賞へと繋がっていったのだそうです

ふと 私も 漠然とですが、 未来に向けて 何か 重要な問題のための岐路に立ったとき、きっと夢枕にたって 導いてくれるようなそんな気がするのです あの母ならきっと・・・

今日 6月2日は 期せずして 母の命日です あらためて いつでもどこでも 母に見守られているんだと感じて どこか安心感をもって暮らせている自分に気づいたように思えます

Ico_heart3  心の中で そっと母に語りかけました
「お母さん いつもありがとう・・・・」

 

|

« 3代目の朝顔の種まき・・・ | トップページ | 4代目の朝顔さん »

ソロンゴ徒然なるままに」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3代目の朝顔の種まき・・・ | トップページ | 4代目の朝顔さん »