ソロンゴのお気に入り

2013年5月15日 (水)

花は咲く・・・

毎日 パソコンから流しながら 久しぶりに 新しい歌を憶えています。

復興支援ソング 「花は咲く」・・・

春が来て 我が家のささやかな庭に寒い冬をじっと耐えて春を待っていた花たちが 一斉に色とりどりに咲き誇っているのを眺めながら その生命力の逞しさをひしひしと感じます

去年の夏 毎朝 すがすがしさを残していってくれた 朝顔の種を 今年も 蒔いてみました。

今は亡き懐かしい人たちの顔をそっと浮かべるとき なんと多くの花たちが共に浮かんでくることでしょう・・・

そして 未来に生きる人々の心からの笑顔をそっと重ねます

花は 花は 花は咲く
     いつか生まれる君に 

花は 花は 花は咲く
     私は何を残しただろう

花は 花は 花は咲く
     いつか生まれる君に

花は 花は 花は咲く
     いつか恋する君のために・・・

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
ランキングに参加中 ぜひ応援クリックよろしくお願いします!!

| | コメント (0)

2013年5月11日 (土)

気になるアインシュタイン博士の名言

世の中 所謂 名言というものがありますが、面白いくらいに その人の根本的な価値観と ちょうどその時期におかれた状況の違いによって 心奥深く届くものと  ????と首を傾げてしまうものとがありますよね

この虹色の夢でもいろいろな名言を選んでいるのですが、私にはあの相対性理論で有名な アインシュタイン博士の名言がなぜか 心深くに痛快に響くんですよね・・・

人生には
たった二つの生き方があるだけだ。
 

一つは奇跡などないかのような生き方、
もうひとつは、まるですべてが、
奇跡であるかのような生き方だ。



どうして
自分を責めるんですか?
 

他人がちゃんと
必要な時に責めてくれるんだから、
いいじゃないですか


平和は力では保たれない。
平和はただ分かりあうことで、
達成できるのだ



私の成功の秘訣が
ひとつだけあるとすれば、
ずっと子供の心のままでいたことです


物事はすべて、
出来るだけ単純にすべきだ

(「人間は何のために生きているのですか?」
と日本の学生に質問されて)
 

他人を喜ばすためです。
そんなことがわからないんですか?



第三次世界大戦はどう戦われるでしょうか。わたしにはわかりません。
しかし、第四次大戦ならわかります。石と棒を使って戦われることでしょう。


もしハチが地球上からいなくなると、人間は4年以上は生きられない。 
ハチがいなくなると、受粉ができなくなり、そして植物がいなくなり、 
そして人間がいなくなる

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
ランキングに参加中 ぜひ応援クリックよろしくお願いします!!

| | コメント (0)

2013年2月27日 (水)

亡き父母を想う・・・

Icon_hinasakura1一眠りし 真夜中 なんだか目が冴えて ブログを綴ることにしました

PCからは A子ベスト20の中のリチャード・クレーダーマンの ”星空のピアニスト”が 流れています。

凍てつく星と今は亡き父母の顔がぽっかり浮かびます・・・

 
亡き父の句集 「遠花火」をそっと開いてみます

  妻の手へ静かにこぼす雛あられ

 
 
  言葉要らぬ夫婦となりて春時雨

  価値観のすれ異ふ日の新茶かな

  闇とても楽しきめをと蛍かな

さりげない父の句の中に 夫婦としてのとっても素敵な時の流れを感じます・・・

今頃は きっと 永久の時間を得て 二人そろって風になって 世界中を旅している・・・そんな気がします。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
ランキングに参加中 ぜひ応援クリックよろしくお願いします!!

| | コメント (0)

2013年2月 7日 (木)

痛快!!

どこかの深夜番組で まさに ”痛快” そのものに曹禺 余りにも痛快だったので・・・

競馬ファンの方々には 当然 既知のことかと思いますが

・すさまじいごぼう抜き

・おばちゃんが若造を打ち負かす

こんなことが一気に展開された ある競馬のレースです。

その馬の名は

    ブロードアピール 牝馬


そのデビューは 通常は2歳であるのが 4歳とかなりで遅れていたようです。

しかも彼女がこの伝説のレースを展開したのは 6歳のとき だそうです

鞍上にシルクロードステークスで騎乗した武幸四郎を起用してのレースは最後方からのスタートとなり、先頭が残り400メートルの標識を通過する直前まで最後方に位置していたが、そこから後に鬼脚と呼ばれる末脚を見せる。直線だけで7馬身以上離れ、更に残り200メートル標識通過時点で5馬身ほど離れた先頭を差し切り、逆に2着のエイシンサンルイスに1 1/4差をつけて重賞2勝目を飾った。

その後もダート短距離のレースを走り続け、8歳になった2002年の年明けにはガーネットステークスを勝利する。JRAで8歳牝馬が平地重賞を勝ったのはこの馬が初めてである(交流重賞では後に牝馬のメイショウバトラーが平地重賞マリーンカップを8歳、9歳時に連覇している)。そしてその年のドバイゴールデンシャヒーンにも参戦し、5着という戦績を残して引退した。(ウキペディアより)

おば(あ)ちゃんの私にとって 痛快で かなり勇気付けられました!!
まだまだ 頑張るぞお~(笑)
 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
ランキングに参加中 ぜひ応援クリックよろしくお願いします!!

| | コメント (0)

2013年1月30日 (水)

あるがままに・・・

Ico_tsubaki2
あるがままに・・・気負うことなく・・・決してエゴに走らず・・・真を追求しつつ・・・

これは 私なりに 亡き父から その70年の人生の生き方の中から 受けとめた 人生観です。 

最近 期せずして 人生の最終段階で人々に 静かに でもある意味で革命的なメッセージを残しつつある女性が現れました

先日 101歳で亡くなった百歳の詩人 柴田トヨさん  と  第百四十八回芥川賞受賞の 黒田夏子さん(75)

くじけないで

ねえ 不幸だなんて
溜息をつかないで

陽射しやそよ風は
えこひいきしない

夢は
平等に見られるのよ

私 辛いことが
あったけれど
生きていてよかった

あなたもくじけずに


柴田トヨ 「くじけないで」飛鳥新社刊 より


「生きているうちに見つけてくださいまして、本当にありがとうございました」

黒田夏子の受賞時の喜びの言葉です

今年65歳になる私です  こんなに素敵なメッセージが 心の底から ごく自然にほとばしる人生を歩んでいけたら・・・

父からのメッセージが改めて静かに重なったような気がしました。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
ランキングに参加中 ぜひ応援クリックよろしくお願いします!!

| | コメント (2)

2013年1月17日 (木)

閉塞感は今もなお一層強く・・・

新たな年を迎え 改めて 世界 日本の行方を描いてみました

私が学生の頃 世界は冷戦真っ只中 米ソの対立 ベトナム戦争が泥沼化して アメリカでは 私と同世代の若者達が 戦争によって駆り出され 引き裂かれた悲しい時代でした そして 核戦争への危機を常にはらみながら微妙なバランスのもと 時は流れていきました。

その後ソ連の崩壊 世界は冷戦状態から開放されました・・・しかし 人類は 新たにテロとの戦い より見えにくいものとの不気味な戦いへと さらされていきました その間 地球環境は悪化への道を突き進んでいきました。

そして 一昨年 日本が見舞われた原発事故  これは人類に突きつけられた 人類を稀有の最悪事態にもたらす何かを語るプロロオーグであり 人類がコントロール不能な領域に入り込んできてしまったことへの警鐘そのものなのだと思えてなりません それなのに 今の日本 このままでよいのだろうか??・・・

昨年暮れの衆院選に際し 私は今までに味わったことのない閉塞感 無力感に襲われました・・・小手先の政治ではもはや この不気味な事態は何一つ回避できない・・・もっと根本的に人々の価値観そのものが大きく変わらなければ・・・劇的なパラダイムシフト・・・パラダイムシフト・・・繰り返し繰り返し こう鳴り響くのです・・・

いつの時代も 人類は問題を抱え その閉塞感を打破するであろう未来を描き続けているのですね・・・今の日本に向かって叫びたいメッセージが 同じように50年近く前 私の青春時代にも歌われていました 人類は今 さらに遠い世界を描かなければならないようです・・・   


五つの赤い風船 / 遠い世界に 投稿者 jrapaka3

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
ランキングに参加中 ぜひ応援クリックよろしくお願いします!!

| | コメント (0)

2012年10月19日 (金)

生まれるべくして生まれた ある1曲

Ico_heart3久しぶりに 徹子の部屋 をみました。 今日のゲストは 歌手の イルカさんでした

イルカさんのご主人は 59歳の若さで この世を去ったそうです  30代のころパーキンソン病を発病、30年近くもの間 肉体的にも精神的にも つらい闘病生活が続いたそうです・・・この間 お二人は誰にも知らせずに  ご主人は ほとんど外出することなく 友人たちとの交流もほとんどないまま過ごされたそうです。 それでも イルカさんは一日一回は 愉快に笑おう を目標に 明るく過ごすよう努力されたようです

お二人が出逢った頃から イルカさんのシンガーソングライターとしての才能を見出し ほれ込んだご主人は いつの日か素敵な曲を沢山 世の中に送り出してあげたいと願い プロデューサーとして ひたすらそれを実現されたのでした・・・

ほとんどの曲はイルカさんが自由に創ったそうですが、ある日 ご主人から


「子供でも だれでも簡単に歌える  いのち を大切に という感じの歌を創ってほしいんだ」

と頼まれたのだそうです。後にも先にも このときだけだったそうですが、イルカさんによると 不思議なことに その場ですぐにこの曲が浮かんだのだとのことです

「まあるいいのち」

ある夫婦の とても素敵な絆の中から 生まれるべくして生まれた1曲   そして 今は亡きご主人の願いどおり 多くの子供たちの間で歌われているようです。

http://www.youtube.com/watch?v=HgZDD7Gl5NA&feature=related

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
ランキングに参加中 ぜひ応援クリックよろしくお願いします!!

| | コメント (0)

2012年10月10日 (水)

感動・・・山中教授のノーベル賞受賞・・・

京都大学の山中伸弥教授がノーベル生理学・医学賞受賞されました。 本当に嬉しいです!!

この虹色の夢でも ちょうど3年くらい前に綴っています。

ただ こんなに早く 異例の若さで 世界的に認められたということは ある意味で 次のさらに素晴らしい何かをもたらす序章なのだろうと さらに大きな期待で胸が膨らみます。

 2009年10月26日

iPS細胞~未来へもたらすものとは?

iPS細胞(アイピーエスさいぼう)「人工多能性幹細胞」ってご存知ですか?

最近では 次々に様々な分野での発見 発明 技術革新などが 目まぐるしくて  なかなかついていけない感じですが、先日 たまたま ある番組で iPS細胞(アイピーエスさいぼう)というものを取り上げていて、それを世界で初めて作られたという京都大学の山中伸弥教授のインタビューが なにかとっても爽やかで感じのよい方だったので ついつい引き込まれていってしまいました。

この iPS細胞というものは 気の遠くなるほど 無限大の可能性のあるもののようですね。一言で言うならば  大人の皮膚細胞に4種類の遺伝子を導入するだけで、ほぼ無限に増殖し、神経や筋肉、骨などのあらゆる細胞に変わる胚性幹(ES)細胞(万能細胞)に似たものとなる それが この「人工多能性幹(iPS)細胞」であるということなのだそうです。

以前 同様な働きのある細胞のES細胞が発見されたときには 卵子や猿などの動物の胚などを利用するしか作る方法がなかったため、女性から卵子を取り出すリスクや、受精卵や胚という生命(もしくは、これから生命となる物)を扱うという事で かなり倫理的な問題があっためなかなか研究が進まなかったようですが、山中教授達が開発したこの方法では、人間の皮膚から作られるので、危険性、倫理的な問題などを回避する事が出来るようになったので、論争に関わりなく研究がどんどん進められることになるのだそうです。

Ico_clover5番組の中で 脊椎損傷のために 車いすの生活を余儀なくされている患者さんたちの前で 将来 このiPS細胞の研究の成果により 損傷した脊椎が復元され、歩行可能になる日が来るでしょう  といった講演を 優しく かつ 慎重に(決してぬか喜びにならぬよう)誠実に語られている姿がとても印象的でした。

このiPS細胞の研究の未来には  現在 苦しみの中で ”生” を営まなければならない数えきれない多くの人々に 当り前の ”生” を取り戻してくれるであろう無限大の可能性潜んでいると思えました。思いがけない負の部分も出て来るかもしれませんが・・・それでもなお・・・・それ以上に・・・・

山中教授は 未来の多くの人々の健康で幸せな姿を描いて 日々努力されている さらに ともに研究を続けている 次世代の若い研究者たちを少しでも良い環境で 研究できるように、その成長を見守ることに真の喜びを感じ、努力し続けていらっしゃる・・・・その姿勢は とてもおこがましいのですが、私が NGO活動を通して 少しでも多くの若者たちにに輝いた心で、 未来で実現するであろう未知の幸せな世界を切り開くことへ胸を張ってチャレンジしていってほしいと願い そのために 力を尽くしていきたいと 強く思うことと重なるのです。

これからも この研究を 楽しみに 心から 応援しつつ 見守っていきたいと思います。

とても素晴らしい講演ですので是非 お読みください
神戸大学入学式における記念講演
京都大学 iPS細胞研究センター長/再生医科学研究所教授 山 中 伸 弥氏
(2008年4月8日、神戸ポートアイランドホール)
「iPS細胞研究で学んだこと」

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
ランキングに参加中 ぜひ応援クリックよろしくお願いします!!

| | コメント (0)

2012年10月 8日 (月)

イマジン・・・国境を越えた無数の出逢い

Ico_heart510月6日 7日は毎年日比谷公園で開催される グローバルフェスタ2012に 私たちNGOも出展しました。

このグローバルフェスタは 世界各国で活動中の250団体以上が出展し、2日間で12万人近くもの人出となります。

私は ひょんなことから モンゴル国と関わるようになり、18年近くモンゴルの人々と共に森づくりをはじめ 未来を担う子供たちへ様々な形でその思いを伝えていっているわけですが、 ふと なぜ モンゴルへ出かけることになったの?と言う問いには うーん なぜだろう? なぜか縁あってね・・と答えるしかないのです。

同じように この会場には 世界中に 私と同じように なぜかわからないけれど 縁あって ある国の人々と関わることになり 共に 長い年月それぞれの願いをこめて活動を続けている人々がこんなにも沢山いるのだということに驚きます。

Ico_heart3少しずつ少しずつ 地球上の普通の人々の輪が広がっているような気がします。

この人々の輪が 地球上を埋め尽くして 愚かな戦争を食い止めることができるほどの底力をもつことができる日がくるのでしょうか  そんな日が来ると信じたいです・・・ 

イマジン ジョン レノン

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
ランキングに参加中 ぜひ応援クリックよろしくお願いします!!

| | コメント (0)

2012年9月 2日 (日)

虹色の夢 名言集(虹)

Stockvectorpictureofgreengrassoverb今日は何度も雨が降ったりやんだり 

雨上がりの今 
お庭の植物たちが なんだか みずみずしくとっても気持ちよさそう


雨が降らなきゃは見られない。

(英語)
No rain, no rainbow (ハワイのことわざ)


を見たければ、雨を我慢しなければいけない。(ドリー・パートン)

幸せとは、空にかかるを仰ぐこと。 不幸せとは、そのをつかもうと地団駄を踏むこと。

だって十五分続いたら、人はもう見向かない。(ゲーテ)

雨が降ったあと、空にがかかるように、涙を流したあとは、いいことがあるものだ。(ヘーゼルデン財団)

 

最後に虹を見たのは モンゴルだったな
人生で あと 何度 虹を仰げるのかな?・・・・

  ゆず

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
ランキングに参加中 ぜひ応援クリックよろしくお願いします!!

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧